洗い流すのは禊じゃない

新宮のある会話で。以下Sは斉藤さん。Yは楊(私)。

S: みそぎは何だと思う?
Y: 清めること。時間が経つのに連れて、いらないものが着いてくる。役に立たない習慣とか、ずれた考え方とか。みそぎというのはそれらを洗い流して原点に戻る。
S: 私はそれがみそぎと思わない。
Y: ん?なんで?
S: 楊さんが今言ったみそぎと言うのは変化がないでしょう。例えばこのコップに汚れが着いた。このコップを洗ったら、きれいになるけど、コップはかわってない。それって楊さんが今言ったみそぎでしょう。
Y: うん。じゃあ、斉藤さんはみそぎは何だと思う?
S: みそぎと言うのは身をそぐと言うことです。そぐって分かる?
Y: 分からない。
S: そぐって、削ると言うこと。身を削ぐ。自分を削る。
Y: なるほど。
S: 自分だと思ったことを自分から切り捨てる。すると自分が変化していく。禊の字からも見える。きって示す。
Y: すばらしい。成長するのに足すより、減らす、というのはみそぎ。似ている様なのを見たことがある。固定概念か習慣を手放すことによって新しい理解に達する。過去にそういった概念と習慣は役に立ったかもしれないけど、今は邪魔になったので行き詰まったところをさけて通るにはそれらを手放さなければならない。でも、これはさらに深い意味。原点に戻るのではなく、原点そのものを変えるということ。
S: 要するにみそぎですよ。
Y: 禊を英語で「purification」洗浄と訳するのが日本語での元の意味と違う。初めて気がついた。すばらしい。
S: すばらしいでしょう?冬に川に入っていたらそう思った。
Y: はは!
S: 寒さはなかなか変えないので、自分の寒さに対する気持ちを変えるしかなかった。人とのやり取りも似ていると思わない?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s