合気道練習上の心得

熊野地方の石本先生が合気道開祖植芝盛平先生のわずかの直伝の合気道の先生であって。石本先生の道場に以下の合気道の練習場の心得は壁に掛かってある。ここに書かれている心得は別のもを書き写したものですが、石本先生より古くて、合気道開祖に近い古い先生あるいは開祖自身が書いたものです。最後の「注意」とある部分はおそらく後つけたものですが、同じ言葉が開祖著作の「武道練習」という本に書かれている。

合気道練習上の心得

一、合気道は一撃克く死命を制するものなるをもって練習に際しては指導者の教示を守り徒に力を争うべからず。

二、合気道は一をもって萬に当たるの道なれば常に前方のみならず四方八方に戴せる心がけをもって練磨するを要す

三、練習は常に愉快に実施するを要す

四、指導者の教導は僅かにその一端を教うるに過ぎずこれが活用の妙は自己の予断の練習により始めて体得し得るものとする 徒に多くの技を望まず一つ一つ自己ものとなすを要す

五、日々の練習に際してはまず体の変更より始め遂次強度を高め身体に無理を生しめざるを要す 然る時は如何なる老人といえども身体に故障を生ずる事なく愉快に練習を続け鍛錬の目的を達することを得べし

六、合気道は心身を鍛錬し至誠の人を作るを目的とし又業はことごとく秘伝なるを持って徒に他人に公開しあるいは市井無頼の悪用を避くべし

(注意) 練習に際しては相手の構 相手との間合いを考え左あるいは右の構を用う動作の終わりしとき両足は常に開きあるごとく練磨するを要す 相手に正対するは隙多きを持って不利とする

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s