授かった器

夜散歩で亡くなった親友のことを思い出した。友達が日系アメリカ人で、いつか日本にも来たかったけど、間に合わなかった。こういう言葉が思い浮かんだ。

「もう俺は死んでいる。これ全部がおまけの時間。」すごく自由に感じた。我々の魂がこういう器を与えられて、少しの間に他の魂と触れ合うことができて、そして消えて行く。俺はただ亡くなった友達より少し長く時間を与えられただけ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s