念で除ける

雨の日だと、台北のバイクの人がメットを被っているので、よう見れんや。さっきはぶつかりそうだった。台北は右側通行だから、左折は大曲。台湾の習慣で左折の時に曲がる軌道を短くするために、道の真ん中を越してから曲がるより、交差点に入ったら、曲がり始まること。横断するところで、通る車を気にして通った。

そこで、極端に短い軌道を取ろうとしているバイクが向かって来た。バイクの運転手は一瞬俺より遅く気づいた。気づいた途端、相手の体が固まって、まっすぐ向かって来た。

小雨が降っていた傘を持ちながらも、差してなく、右手で柄頭を上に、その柄頭を対向するバイクの相手の鳩尾に向けて、心で平静に「俺はここだから、お前が避け」という考えを持った。それで避けてもらった。傘を伸ばせば当たったところで通った。

通ったところをずっと相手を見つめて傘で打つ思いがうかんだが、それを所有せず、通り過ぎたら「おおい!」と叫んだ。相手が左折し終わったところで振り返って見た。二秒くらいお互いに頑として見合った。相手が私を見ていると進行方向を見てなかった。それで事故ったら、バカだなと思って、声を出してもしようがないか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s